【薬局実習】薬局に興味なかった学生が実習をしてみた結果…

pharmacy

薬学部の5年生ではついに実務実習が始まります!

薬局11週間(55日間)→病院11週間の約半年です

まだ実習を経験していない人にとっては

自分の知識に自信がなかったり、

モチベーションが特になかったりでとにかく不安だと思います

僕もそうでした。

僕が実習で経験したことや事前に疑問に思っていたことをざっくりまとめることで

これから実習をする人の不安が少しでも減ったり、

記事の情報が役に立てればいいなと思います♪

僕個人の意見なので、全て正しいわけではないですが、

参考程度にはなると思います

実習先はどこ?

僕は関東にある実家から通っています

実家から通うメリットはなんといっても食費がかからないことです

長年一人暮らしに慣れていたので、黙ってても掃除、洗濯、お風呂が用意されるというのは本当にお親に感謝。。

実習期間中はバイトもあまりできないので

実家から通える人は実家がオススメです

また僕の場合、既に就職している地元の友達がいるので、遊んだり仕事のことについて聞いてみると色々勉強になりました!

特に僕は就職活動の際、土日休みか否かを実際に働いている土日休みの友達と

そうでない友達を見比べて、

土日休みの生活の方が充実してそうだったので、就職は

土日休みのところを考えています

結局は人が全て!

実習先はまさに運です。

実習が充実して楽しいと感じるのか、

辛くて毎日憂鬱になるかは職場の人間関係で決まります

こればかりは実際にやってまるまで分からないです

毎日職場では薬剤師さん、事務さん、患者さんと接します

僕はすごく恵まれた実習先で、薬剤師の先生のみならず、事務の方もとてもいい人たちで毎日たくさんの学びがあります

とにかく、人としての礼儀

あいさつや態度、コミュニケーションを身につけていればそれなりにやっていけると思います

うまくやるポイントはとにかく職場の人と程よい距離感で仲良くなることに尽きます!

ピッキングで薬の名前は覚えられるの?

ピッキングとは、処方箋を見て記載されてる薬を棚から持ってくることです

一枚の処方箋につき、多いときは3人ほどで担当します

僕の薬局では主にピッキングは事務さんが行っていました

薬剤師さんは主に監査を行い、投薬(服薬指導)し、

担当した患者の薬歴を書く

といった流れになっています

最初の頃はピッキングしながら薬の一般名を確認している余裕はないと思います

棚もある程度は薬効ごとに並んでいますが、そんなに規則性はなかったです

薬局には1200を超える医薬品があるため、全ての薬の位置を把握できる人はいませんし、僕みたいな新人は全く棚の位置がわかりません。

そこで棚表というものがあってそこに薬の名前に対応した棚(例えば、赤 C10など)が記載された帳簿があります

事務さんがピッキングを行なっているところでは棚表が五十音順になっているようで、それ以外のところでは薬効ごとになっていたりするようです

患者が多く来局する時間帯は10時~昼前、3時頃~とある程度決まってきます

ベテランの方に混じってどこになにがあるか全く分からない状態のままピッキングに入るのはとても気疲れします

ただ、そこで焦ったりおどおどして薬を取り違えることだけは絶対避けなければなりません

早さよりも正確さが命です

文字通り、患者の命に関わります

なので僕は落ち着いてピッキングすることを心がけています

学べたこと

人間関係の大切さ

一番の学びです。お給料が多少安くても多少ブラックでも人間関係が良好な職場だと頑張れる気がしました

9時5時の社畜生活…

こんなに1週間って早かったっけ?

って思う反面、1日ってこんなに長かったっけ?って思いました

薬剤師にも尊敬できない人がいる

真面目な人、そうでない人

世の中いろんな人がいて薬剤師も例外ではありません

僕の薬局ではみんな真面目で素晴らしい人格の方が多かったですが

とある薬局の薬剤師は身だしなみや言動がヤバかったです。。

薬局の仕組み

薬局実習での大きな意義は何と言っても

大学で習っていないことが学べ流ことにあります

経営面や卸さんとの取引、麻薬の管理など普段患者として行くだけでは見られない現場を見学させていただきました

よく出る処方、逆に専門外の薬はさっぱり

たとえば糖尿病の治療薬ってたくさんあるけれど、だいたい出る処方ってのは決まっています

メトホルミン、ジャヌビア、スーグラあたりがよく出ています

それに加えて注射剤もよく出ていることがわかります

また高齢になってくると睡眠薬も一緒に処方されることが多いです

門前薬局の場合、専門の薬はよくわかるようになる反面、

それ以外の薬の知識は蓄積されません。

当たり前かもしれませんが。

なのであまりでない処方があれば調べてみると新しい知識が増えて面白いかもしれません

健康のありがたみ

当たり前ですが、みんなどこか悪くて薬局に来ているので、目を背けたくなるような状態の方も中にはいらっしゃいます

そんな方々を見ていると健康であることがいかに大切か実感します

やっとけばよかったこと

薬局にいったら1から丁寧に色々教えてもらえるので、事前に何かする必要はないと感じました

ただ、最低限の薬理と調剤の計算くらいはできなければ苦労すると思います

なので、計算は練習しておきましょう

まとめ

いかがだったでしょうか?

実務実習は期間が長く、長期戦となるため体力も必要だと感じました

あとはとにかく運なので、人とうまくやっていきましょうね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です