≫治験って?薬学生にオススメのバイトはこちら

【薬剤師になるには何年通う?】知っておきたい4年制と6年制の違いとは?

薬剤師のイメージ
僕(6年制)

みなさんこんにちは

今回は、薬学部を語る上で、避けては通れない

4年制薬学部6年制薬学部の違いとメリット、デメリットを対談形式で比較します

対談は去年4年制の薬学部を卒業した友達に協力していただきました

就職する際は、必ず自己分析に基づいて就活をしますよね

進路を決定する上でも、自分の適性を知ることはとても大切です

この記事は4年制と6年制のどちらに適性があるかを考えるいいきっかけになると思います

友人(4年制)

基本的な制度からお金の話まであるのでぜひ見てね♪

薬学部には4年制と6年制がある!

知っている方も多いと思いますが、2006年までは薬学部も4年制でした

しかし、現在の医療業界において臨床現場ですぐに活躍できる医療従事者としての専門性が求められた結果、医学部同様6年制薬学部が新設され4年制薬学部と分離されました

多くの方が薬学部と聞いてはじめにイメージするのは薬剤師でしょう

しかし、上記の通り薬学部は4年制と6年制の学科に別れており、それぞれが担う役割や将来の進路が異なります

ここまではなんとなく知っているよ、という方も多いのではないでしょうか?

また6年制の薬学部しかしらなかったという人は驚いたかもしれませんね

それではそれぞれの役割と特徴を見ていきましょう!

4年制…研究者養成コース

はじめに注意しておきたいのは、

薬学部なのに薬剤師になることはできない

と言うことです。

なぜかと言うと、

四年生の学科は「薬科学科」と呼ばれていて、主に研究者を養成することを目的としているためです。

しかし、4年制とは言っても9割以上の人が大学院へ進学するため、

薬剤師を目指す6年制の学生と違い、将来は企業の研究・開発職などの技術者を目指す人たちが多いのです。

6年制…薬剤師養成コース

こちらの方が皆さんのイメージしやすい薬学科ではないでしょうか?

(実は4年制と6年制は互いにほとんど交流がなく、他の他学科とほとんど変わらないくらい謎が多いというイメージすらあります)

ご存知の通り、 臨床の現場で活躍する薬剤師を目指すコースです。

将来は病院、調剤薬局、ドラッグストアで働く方が多いです。

また、わずかですが6年制から研究者になる人も毎年います。

6年制から研究者になる場合はさらに大学院(今の現状ではできれば国立大学の)に行く必要があるので、さらに人によりますがおおよそ3〜5年ほどかかります。

4年制と6年制で同じ点・違う点

カリキュラム的には3年の途中まではほぼ変わりません

ですから学ぶ科目もそれほど変わらないです

授業も試験も実習も共通する部分が多いです。

学科に大きな違いが出てくるのは、3年の秋以降です

このあたりから4年制では研究室での研究がメインとなり、授業も自分の専門に特化した知識を身に着けるようにカスタマイズされます。

一方、6年制はと言うと、研究もしますが薬剤師としての知識を身につけるための授業や実習、国家試験対策が本格化します。

実際の学生目線から

高校の同級生で、4年制薬学部に行った友達とした会話から

実際に薬学部で学ぶ大学生目線で4年制と6年制の違いを紹介します!

結構本音で話しているので、参考になるかもしれません

それぞれの学科を選んだ理由は?

友人(4年制)

高校の有機化学が面白かったから、有機化学の研究がしたいなーって、漠然と考えていて、薬学部に絞った。

薬剤師そのものにはそこまで惹かれなかったから、座学が多い6年制じゃなく4年制にした。

机に向かって試験勉強するよりビーカーとフラスコ持って実験してる方が俺には合ってるかなって笑

僕(6年制)

僕はやっぱり何と言っても薬剤師免許が取れるからって理由が一番

とりあえず一回持っちゃえば全国どこでも働けるって言うのが魅力的かなって

お給料もいいし、白衣を着て働くことになんとなく憧れがあったからね

あとは6年間大学生でいられるのも良かった笑

今でもホントに薬学きてよかったと思ってる!

将来考えてる進路

友人(4年制)

大学を卒業した後に、大学院に進学。

それから企業で研究や開発に携わりたいなと、今は思ってる。

企業の研究職は花形だし、務めるにはやっぱ大学院に2年間通わないといけないってのが今の現状じゃん?

製薬企業だけじゃなく、食品や飲料系の会社も面白そう

倍率エグいけど。

僕(6年制)

僕はまず病院薬剤師として働きたいなーって今は思ってるよ。

まずは病院で薬剤師としてのキャリアを積み、専門薬剤師という資格を取って、より専門性の高い薬剤師としてスキルアップしたいかな

病院で経験積んだ後だったら、薬局やドラッグストアへの転職も有利だし、

逆に最初に薬局とかドラッグストアに行っちゃうと病院行きたいってなった時はなかなか厳しいかなって

ただ病院は世間のいいイメージとはお給料の面ではかけ離れてるんだよね。

給料安いし、手当も少ないからいくら土日休みでも結局プライベート充実させられないじゃん?

結婚するにも貯金は必要なわけで。

だから今、就活中でドラックストアのお給料の良さに惹かれてる。笑

お互いの大変だと思うこと

友人(4年制)

実験が好きで、やっぱり座学が苦手な俺としては、暗記メインの試験勉強が一番キツかった。

6年制の人の前で言うのは怒られそうだけど。笑

けどいくら実験が好きだからって、朝早くから来て、夜まで実験の日々が続くとさすがにキツかったよ。

後、就職の面で言えば俺は有機化学の研究をしてるけど、

薬学部だけじゃなく、理、工、農学部などの他の理系学部でも有機化学の研究室はたくさんあって、そこと競合するから、潰しが利かない。

薬学部の強みをどうやって活かすか、競合優位性を考える必要があるなって。

僕(6年制)

とにかく授業の量も、授業で覚えることも本当に多くて、

それに病院、薬局での実習も控えてるからマジで大変。

人の命に関わることだから大変なのはわかってるけど、

それぞれの病気の特徴、医療、医学に関する法規。

薬剤師ってこんなに覚えなきゃいけないのかよって、

しかも、これ覚えてもテスト終わったら一生使わないんだろうな〜って考え始めると、、笑

特に薬の一般名と、商品名を現場に出たらまた覚え直すのがしんどい。

あと大変といえば、分厚い教科書も持ち運ぶのがしんどくて、

安いバッグだとすぐボロボロになっちゃうから、丈夫な登山用のバッグに変えた。

これ、薬学生あるあるだと思う笑

お互いの羨ましいところ

友人(4年制)

それはもう薬剤師免許でしょ。

全国どこでも働けて給料もいい!

それだけでも超魅力的だよね。

後から気づいたけど、 結局4年制に行っても研究職目指すには院に2年通って、

合計6年は大学いることになるし。

しかも研究職の門戸は狭いから、やっぱ国家資格は羨ましい。

僕(6年制)

4年制は授業に選択肢があっていいよね

6年制だとほぼほぼ全部が必修科目で、全く興味がなかったり、これ意味あんの?って授業も決められている限り受けないといけないし、

それと比べたら4年制では自分の興味に合わせて授業が受けれるからいいなー、

って思うときはある。

薬学部での自分の適性はどっち?

いかがだったでしょうか?

それぞれの違いと自分がどっちに興味があるか、考えるきっかけになったでしょうか?

僕も今回4年制薬学部について、さらに深く知ることができ、

学ぶところがたくさんありました

この記事を読んで、薬学部に興味を持ち、もっと深く知りたい人は

お問い合わせやツイッターのDMで質問してください。

NEXT>  【2019版】薬学部の偏差値と受験の傾向

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です