【家庭教師】Q&A勉強法に関するよくある質問と解決のヒント

受験生

勉強のやり方がわからないです

こんな悩みを解決します!

僕は現在薬学部の5年生で、5年間家庭教師をしています。

30件ほどのご家庭を担当させていただいた中でよくある質問をまとめました

この記事を読んで実践すれば成績もアップにつながりますよ

Q:勉強のやり方を教えて欲しい

これは一番多い質問で皆が一番知りたいことですよね。僕自身、高校生の頃に同じ悩みを持っていたのでよくわかります。学校の授業では、勉強のやり方まではなかなか教えてくれないものです。勉強のやり方がわからず、結果も出ないままでは、お子さんのやる気はどんどん減っていってしまいますよね。

勉強をしているのに伸び悩んでいる多くの子に共通している特徴は2つあります

1つ目の特徴は、効果的な勉強の「順番」を意識できていないことです。

勉強は積み重ねが大切ですから、いきなり問題を解こうとしてもなかなか思うようにいきません。そこで勉強に苦手意識をもってしまい、挫折してしまう傾向にあります。

2つ目の特徴は、本来頭を使うべき勉強が、単に手を動かすだけの「作業」になっていることです。

英単語や漢字をただ書き写すという作業に満足するのではなく、テストで使える状態にすることが大切です。

Q:では効果的な勉強の順番とは?

A:たとえば定期テストを例に挙げてみましょう。まず最初にすべきことは、教科書や授業のノートを読み込むなどして、基本を理解することです。

特に定期テストでは、授業中に強調された部分が出題されることが多いですから、ノートを見直すことで勉強すべきポイントも絞れます。

次に暗記事項を覚えます。英単語の意味や数学の公式など、最低限暗記すべきことが頭に入っていないと、当然のことながら問題は解けません。

このときのポイントは、声に出して読んだり、覚えたところを自分で友達や家族に説明したりするとより効果的です。

ある程度暗記ができたら、問題演習にとりかかります。覚えていることを確認して、テストで使える知識にするためにも、問題演習は欠かせません。

問題を解くことによって客観的に自分の到達度を測ることができます。自分では覚えたつもりでもテストでは全然ダメだった、と言った経験はありませんか?

自分はまだまだできていないということを認識するといった意味でも問題演習は大きな意義があります。

Q:復習は必要か?

A:問題演習をしたら、復習も大切です。

問題を解いたら解きっぱなしにせず、必ず復習するようにしましょう。間違った問題はチェックしておくのがおすすめです。

そこが自分の弱点でもあるので、できるまで何度も(具体的には最低5回)解き直すと、得点アップにつながります。また復習の際、どこでどう間違えたかということも意識しながらやってみてください。逆に言えば反復練習をセットで行わなければ得点アップには繋がりにくいということです。

Q:勉強が習慣化されないのですが、どうすればいいでしょうか

A:「今日は部活動で疲れたから」「見たいテレビがあるから」「友だちと約束があるから」と、なかなか勉強時間を確保できていない子は多いですよね。

勉強のやり方がわからないお子さんは「いつ」やればいいかもわからないことが多いです。

「時間があるときにやればいいや」と後回しにしがちです。

勉強を習慣化するには、毎日同じ時間に勉強するのがコツだと思います。僕は例えば、ある家庭のお子さんには平日の夜は部活動で疲れているなら、その分早く寝て、朝の1時間を勉強にすることを提案しています。

また電車やバス通学であれば、「通学時間は暗記の時間にする」といったルールを決めるのもおすすめです。

Q:平日に忙しかったら、土日にまとめて勉強してもいいのでしょうか?

やらないよりはいいかもしれませんが、たとえの1つとして「勉強は筋トレに似ている」と言われることがあります。土日に数時間まとめてやったからといって、筋肉はきちんとつきませんよね。同じように勉強も、1日30分でもいいので集中して毎日継続するほうが、しっかり学習内容が身につくと思います。

Q:習慣化するためのオススメの方法は?

A:スケジュールを立てる方法が有効です。その際、保護者も一緒に確認できるようなカレンダーに記入するとよいでしょう。また予定だけではなく達成したことも書き込めば、モチベーションアップにもつながります。

注意としては最初からハードなスケジュールだと挫折しがちなので、1週間のうち1日は予備日にするなど余裕をもてるといいです。

ちなみに僕が指導の際使っているのはGoogleカレンダーで、一人一人の生徒さんの進捗状況をリアルタイムで視覚で確認でき、授業日以外のフォローに活用しています。

Q:なかなか集中できないときはどうしたらいいですか?

A:勉強を習慣化していくうえでなかなか集中できないときってありますよね。

集中できないときは、勉強場所を変えてみるのもおすすめです。いつもは自分の部屋で勉強しているのなら、学校や近所の図書館、静かな公園やカフェなどを利用してみるのはいかがでしょうか。まわりにも同じように勉強している人がいると、刺激をもらえてやる気も出てきますよ。

Q:ほかに勉強のやり方で困ったときの解決法はありますか?

個別指導塾であれば、無料体験授業などで、お子さんの学習方法や勉強スタイルについて、講師から客観的な意見をもらうこともできますよ。保護者とお子さんで日ごろの勉強のやり方を見直すきっかけにもなるので、機会を見つけて参加してみてはいかがでしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です