薬には先発品と後発品がある?よく聞くジェネリック医薬品を高校生でもわかるように解説!

ジェネリック医薬品のイメージ

この記事ではニュースやCMでよく耳にする ジェネリック医薬品を、予備知識のない高校生にもわかるように説明したいと思います!

最後まで読めば一般の人より詳しくわかり、ニュースがわかるようになったり、

今問題になっている時事問題にも把握することができます

将来医療系を志すのであれば、ぜひ知っておきたい内容ですね

ジェネリック医薬品とは?

薬

ジェネリック医薬品の定義は、

後発品の名称であり、先発品の有効成分の特許が切れた医薬品を、他の製薬企業が同じ有効成分で、製造.提供する医薬品。

とあります。

なるほど、わからん。

次に行ってみましょう!

薬には先発品と後発品がある!

先発

まず、そもそも薬には先発品と後発品があるのをご存知でしょうか?

ジェネリックとは、後発品です。

新薬の特許が切れた後に販売され、

新薬と同じ有効成分で、

同じ効き目の安いお薬ってことです

どうして安いの?

その理由は

新薬と比べて開発コストや人件費が削減できるからです!

新薬の開発には10~15年ほどの歳月と数百億円という莫大な費用がかかります。

ヤバイですね。 

新しい薬を開発するのはとってもハードルが高いことがわかりますよね

実際、日本の数ある製薬企業の中でも、新薬の開発を出来るだけの資金を持っているのは3社だけです。

それに比べて ジェネリックは、すでに安全性、有効性が確認された有効成分を使用しているため、約3年という短い期間での開発が可能です

そのため、新薬に比べはるかに少ないコストで開発することができます!

また、新薬開発には現場で働く医療関係者に新薬の使用法や安全性情報の伝達、収集に膨大な費用を必要としますが、

ジェネリック医薬品はそうした情報提供コストも最小限に抑えられるので、価格が安くなるのです。

ちゃんと効くの?安心なの?

警告

ジェネリック医薬品は、

新薬と同じ効能で、安全特にに認められなければ製造販売できません。

新薬と同様に国の定める厳しい条件をクリアして初めて市場に出回ります

同じ効き目や、安全性が同じであるかどうかは溶出試験、生物学的同等性試験、安定性試験などの方法があります!

(テストによく出されます)

ですので、安心して使用してください

新薬とジェネリックは全く同じものなの?

couple

ここまで読んでいただいた方は、

じゃあ新薬とジェネリック、なにが違うんだよ?

ってことになりますよね

実は有効成分とその量が同じでも、

その基材(添加物)、形状、色、味が違うことがあります。

それによって、今まで飲みにくかった薬を飲みやすく工夫したり、安定性を高めたりすることができます

同じでなければいけないところ

  • 有効成分の種類、量
  • 用法、用量
  • 効果、効能
変えてもいいところ

  • 薬の形状
  • 色、味、添加物など

これもよくテストで出ます笑

なぜ国がCMを打ってまでジェネリック医薬品を推奨するの?

お金

日本の社会保障費の増大が深刻な問題になっていて、医療費の増大により財政が危機的状態に陥ってるからです!

現在、国民医療費が年に1兆円も増加していて、国民皆保険制度の維持が難しくなっています

ですので、ジェネリックは自己負担の軽減だけでなく、将来の世代にその負担を先送りしないためにもジェネリックの使用が求められています。

ここにまとめてあるので参考にしてください

2025年問題とは?日本を揺るがす問題とその基礎知識

まとめ

予備知識なしでは少々難しい話になってしまいましたが、

わからないことが多いからこそ勉強になるともいます

少しでも今の日本の問題や医療制度、薬に関しての興味を持ってくれたら幸いです。

薬剤師のイメージ

【薬剤師になるには何年通う?】知っておきたい4年制と6年制の違いとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です