【2019年】iQOSは電子タバコではない?タバコの種類と加熱式タバコの害について

iQOS

最近、iQOSやプルーム・テックといったいわゆる電子タバコが葉巻きタバコに変わってブームになりました

先日、薬局実習で中学生を対象とした薬物乱用防止啓発活動に講師として講演させていただきましたが、その中で最も質問が多かったのは「電子タバコは害がないのか」ということでした。

禁煙治療のことを学習したはずの薬学生や薬剤師であっても、これらの質問に正確答えることができる人は少ないです

それはそもそもタバコとはなんなのかということをわからなくする仕掛けにあります

タバコ会社は、 タバコが何かわかりにくくするという戦略をとってきており、“iQOS”とだけいっても、それはどのタバコなのかはっきりしなくなっています

そこで今回はタバコの種類や特徴、電子タバコや加熱式たばこは害があるのかということを中学生でもわかる内容にまとめました

タバコの煙の秘密

タバコの煙はとにかく体に悪いということは誰もが周知の事実だと思います

とくに…

代表的な有害物質

ニコチン

血流の流れが悪くなり、心臓や血管の病気の原因となる。

また依存性が高くタバコをやめられない原因となる

タール

がんを発生させる。肺を真っ黒に汚染する物質。

一酸化炭素

血液の酸素運搬を阻害する物質。

運動するとすぐ息切れするようになる

タバコの煙にはわかっているだけでも4000種類以上の化学物質が含まれ、

そのうち約60種類に発ガン性が確認されています

電子タバコって?タバコの種類

cigarette
タバコの種類

タバコには大きく分けて3つの種類があります

葉巻きタバコ…マルボロ、セブンスター、メビウスなど古くからある最もメジャーなタバコ

電子タバコ…ベイプとも呼ばれ、タバコの葉を使わず、香料の入った液体を加熱して水蒸気に変えるもの。日本で販売されるものにはニコチンは入っていませんが、海外輸入品のものには含まれているものがあるので注意が必要です

加熱式タバコ…CMなどで最近よく耳にすることが多いiQOS、グロー、プルーム・テックといったものです。よく電子タバコと言われたりしますが実は誤りで、分類的には電子タバコではなく、加熱式タバコに分類されます!専門の機械によって葉巻タバコより低い温度で燃焼ではなく加熱することで、ニコチンを含むエアロゾルを発生させます。

加熱式タバコ(iQOSなど)のイメージ

関連画像

なんとなく加熱式タバコの方が葉巻タバコよりクリーンなイメージを持っている方は多いと思います。

加熱式タバコのイメージ

しかし本当にそうでしょうか?

製造者は通常の葉巻きたばこより安全だと主張していますが、

2016年時点でそのような主張は裏付けらていません。

また、世界保健機構(WHO)は、電子たばこや加熱式たばこは健康上のリスクを減らすわけではなく、有害であるとする報告書を発表し、紙巻きたばこと同様に規制を行うべきとの見解を示しているようです

受動喫煙の害はある!

確かに、加熱式タバコの場合、先端から出る煙(副流煙)が少なく、受動喫煙のリスクは低いと考えてしまうかもしれませんが、そこに含まれる有害化学物質の種類は同じです。

加熱式タバコからも紙巻タバコと同様に多くの種類の有害物質が出ているので、

受動喫煙の害はあるかないかでいえば確実にあるのです。

ですから今まで禁煙だったのに、加熱式タバコならOKとは行かない理由はここにあります

最近のターゲットは女性。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は girl-3880311_640.jpg です

90年代末には、スリムでメンソールの香りのする、特に女性を狙ったおしゃれな製品が海外から導入されそれまでのたばこのイメージが変わりました。

この頃に日本でも女性に受け入れられる基盤ができたと言われています

「メビウス 細い」の画像検索結果
細いタイプのタバコ

また、最近の女性むけのファッション誌などには、高級装飾品と見間違えそうな広告が見受けられますね

「iQOS」の画像検索結果
iQOS3ブリリアントゴールド

やはり喫煙・たばこの本態を薄めた、アクセサリーのひとつのような感覚にさせられやすい状況が続いています

日本人はガジェット好きだということもiQOSとの親和性が高い理由の一つであるように思います。

私も初めて芸人さんがテレビで紹介していたのを見たときに、

おー、なんだかかっこいい!

って思ってしまいました

ハーム・リダクションという考え方

ハーム・リダクションとは

「大きな害のある行動をそれよりも小さな害の行動に置き換える」

といった意味です。

害は完全にはなくせないが、害を少なくさせ、どうしてもタバコを止められない人に対して、タバコの代わりに害の少ないタバコを吸ってもらったら、有害物質への曝露を減らせるのではないか、というわけです

しかし、加熱式タバコにもニコチンは含まれていて、葉巻タバコと併用する人も多いため、禁煙に繋がりやすいとは言えません。

また、この主張には

「加熱式タバコは葉巻タバコより害が少ない」

ということが大前提としてありますが、含まれている有害物質が同じであることからそもそも正しくない可能性が指摘されます

まとめ

iQOS=電子タバコではなく、加熱式タバコである。

加熱式タバコは葉巻タバコより害が少ないというのは誤り。

ニコチンが含まれているため禁煙しにくい。

含まれる有害化学物質の種類は同じ。

受動喫煙によってもたらされる害も葉巻きタバコと同等。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です